相続時精算課税制度

相続時精算課税制度に関心ありませんか

生前贈与の時に納めた贈与税は相続税から差し引くことができる制度、相続時精算課税制度が施行されています。

ただし生前贈与と遺産相続に別々に課税する現行制度もありますので新制度と現行制度の選択ができます。

 

 

相続時精算課税制度とは

一定範囲の生前贈与については、選択制により、生前贈与時に軽減された贈与税を支払い、その後の相続時に

生前贈与財産と相続財産の合計額をもとに計算した相続税から、すでに支払った贈与税を控除して精算する制度です。

贈与税・相続税を通じた納税ができるようになりました。

 

 

相続時精算課税制度の対象者は

贈与者及び受贈者はそれぞれ贈与した年の 1月 1日において60歳以上の親又は祖父母(贈与者)、

同日において20歳以上の贈与者の子又は孫である推定相続人(受贈者)とされる