成年後見制度

成年後見制度 聞かれたことありますか?

成年後見制度は痴呆性高齢者、知的障害のある方、精神障害のある方、
高齢者で判断能力が低下して不安な方の財産管理や身上配慮を、
本人に代って法的に権限を与えられた後見人等が行い、
安心して生活ができるように本人を保護し支援する制度です。

成年後見制度は 法定後見制度  任意後見制度 から成り立っています。

 

法定後見制度とは

補助・保佐・後見は法定後見制度とよばれます。
親族などの請求権者(身寄りのない方等は市町村長)から法定後見の開始の審判を申立て、
家庭裁判所によって適任と思われる援助者が選ばれます。
場合によっては援助者を監督する監督人が選ばれることもあります。

 

任意後見制度とは

本人の判断能力がある時に、将来を考え契約を結びます。

その後、判断能力が 不十分になった時に、本人が結んでおいた任意後見契約にしたがって任意後見人が本人を
援助する制度です。

家庭裁判所が任意後見監督者を選任したときから、その契約の効力が生じます。[:en]成年後見制度 聞かれたことありますか?

成年後見制度は痴呆性高齢者、知的障害のある方、精神障害のある方、
高齢者で判断能力が低下して不安な方の財産管理や身上配慮を、
本人に代って法的に権限を与えられた後見人等が行い、
安心して生活ができるように本人を保護し支援する制度です。

成年後見制度は 法定後見制度  任意後見制度 から成り立っています。